犬よけに超音波の効果はあるの?

家の庭や公園などによその犬や猫など飼い主不明の動物が入ってくるのはとても困ったことですね。糞尿をしたり、草花の花壇を乱したりするのは愛犬家といえども迷惑です。とくに幼児の居る家庭では、犬の大きさによっては大変なことになりかねませんね。犬よけや猫よけには、それら動物のキャラクターつまり、音感や嗅覚などを利用する方法があります。その犬よけ対策には、なかなか決定的なものが無いようですが、犬や猫への一つの方法として超音波を活用したものは、ある程度犬よけ対策の一つとして効果があると言われますね。

この超音波とは、振動数の高い音のことです。普通の人が聞き取れる音は、毎秒の振動数が20〜2万回(これをヘルツHzといいます)くらいです。それ以上の音が超音波といわれますが、犬や猫はこれらを聞き取る能力をもっていると同時に、非常に嫌う性格をもっています。犬よけ対策には、その事実を活用したものです。
つまり電気的に超音波を発生させる装置によって、それを常時作動させておくものです。超音波装置を設置する場所は、犬よけのためですからもちろん犬の通路周辺です。これは猫よけにも効果があるといわれています。猫も犬と同様、超音波を聞き取れると同時にとても嫌うからなのです。
留意しておくことは、超音波の強さつまり達成距離も、犬よけや猫よけの効果に影響することです。 犬よけ対策および猫よけ対策用としての超音波発生装置も、国内でいくつかのメーカーが市販しています。インターネットでの販売もあって簡単に入手できますので、犬よけのための超音波の適当な強さなどを訊いておくことが必要です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

スプレー、クレゾールも犬よけに!

犬よけおよび猫よけ対策には、それら動物の特長の一つである聴覚のほかに嗅覚を活かした方法もあります。犬や猫は人間よりも鋭い感覚をもっているともいわれています。つまり犬よけ匂いや猫よけ匂いという犬よけの対策があげられます。その匂いを生じさせるものは、犬よけ薬、犬よけスプレーなどがあります。多くは粒状またはスプレーのものです。犬よけを目的とした場所へ、適当に撒いておいたり、スプレーをかけておきます。それらに直接スプレーを吹きかけるのも、一つの方法ですが大人が注意して行なうことが必要です。
犬よけ薬としては、クレゾール溶液(リゾールともよぶ)という化学薬品も犬よけとして活用できます。いずれの場合も、犬や猫の嗅覚を刺激してこそ初めて効果があるものです。したがって匂いを発するそれらには、十分な時間的な耐用性をもつものでなければなりません。 
とくに風雨や直射日光に長時間さらされた場合などの効果については、使用前に理解しておく必要があります。いずれの匂いを発するものも、犬よけ用や猫よけ用として、薬局などで市販されていますし、ネット販売でも簡単に入手できます。犬よけや猫よけの肝心の効果と早く消耗する薬品と価格など、そしてその取り扱いについて、専門家のアドバイスをよく訊いておきましょう。   

植物やハーブも犬よけに効果的!

犬よけや猫よけには、だれしも悩むところですが放っておくわけにいきません。動物の保護団体や愛好家に、反対に訊くのも犬よけや猫よけのヒントが得られそうです。犬や猫が嫌う匂いのケミカル薬品類のほかには、植物によるものもが犬よけや猫よけに活用されています。またハーブのような植物類にも匂いを出すものとして、犬よけ対策として適しています。これは犬よけ対策とはまったく別に、人にはその可憐で美しい花によってとても好まれるものです。
コリウスの一種であるドイツで開発された品種"カニナハイブリッド"という植物は、花壇用として、その美しさを人に感じさせてくれます。しかし、その匂いは独特のものがあって、犬や猫などがとても嫌うものなのです。したがって、犬よけ用や猫よけ用として大いに活用できるのです。植物ですから、クレゾールなどのケミカル薬品などとはまったく異質です。つまり自然植物として、庭やプランター・鉢類に植えておくことになります。
その犬よけや猫よけの効果のための匂いが生じることが肝心です。その成長から開花の状態やシーズンおよび花粉の分散状況などについて、犬よけや猫よけ用として留意しておかねばなりません。入手はネット販売も時期によって可能ですし、植木の専門店などで、犬よけ用や猫よけ用として相談することが勧められます。  

スポンサード リンク

Copyright © 2016 犬よけ 効果的な方法とは? プライバシーポリシー